少額投資で20代のうちから複利を味方に優勝する。

投資は多額の元本が必要なイメージですが少額投資でも長期運用することで
複利効果によって20代からでも十分に利益が出せます。

そこで今回は複利についてお話ししていこうと思います。

複利とは

投資や貯金などの金融取引において、元本に利息や収益が加算され、その合計額が次回の利息計算の基準となる仕組みです。

複利を利用することで、元本が成長し、時間の経過とともに資産が増加する効果が生まれます。

これは、利息や収益が元本に加算され、次回の計算対象となることにより、元本が増加していく現象です。

長期で運用すればするほど元本が増え、利益の伸びが増えていきます。

少額投資と複利効果

小額からの投資が複利効果にどのように影響を与えるかを理解するために、具体的な例を見てみましょう。

ケース1: 少額の一時的な投資

最初に、1,000ドルをインデックスファンドに投資し、年率7%のリターンを維持すると仮定します。この場合、1年後には元本に対して7%の利益が得られ、元本1,000ドル + 7% × 1,000ドル = 1,070ドルとなります。しかし、これは単利の場合です。

ケース2: 少額の積み立て投資

次に、同じ1,000ドルをインデックスファンドに投資し、毎月100ドルずつ追加で積み立てると考えましょう。年率7%のリターンを維持する場合、1年後には元本1,200ドルに対して7%の利益が得られます。しかし、これはまだ単利です。

ここで複利が登場します。2年目には、1年目の利益にもリターンが発生するため、元本1,207ドルに7%の利益が加算され、より多くの利益が得られます。これが続くことで、投資が成長し、複利効果が現れます。

小額投資の利点

少額の投資を長期間続けることで、複利効果が最大限に発揮され、資産が成長します。

20代などの働き始めであったり給料がまだ少なく、生活にほとんどの給料が使われってしまって大して投資に回せない方でも少額から投資できる。

老後2000万円問題があったと思います。S&P500の利回りがおよそ10%とすると毎月5000円積み立てるだけで35年と半年で2000万円問題が解決します。

20代の方々は65歳までは仕事をしていることでしょう。給料からたったの5000円を積み立てるだけで老後の不安は解消されることでしょう。

まとめ

少額から始めるインデックスファンドへの投資は、複利効果を最大限に活かす方法の一つです。継続的な積み立てを通じて、元本が成長し、資産が着実に増えていくことで、将来の安定した資産形成を目指せます。資産を育てる旅に出発する小さな一歩が、未来の成功への鍵かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました